Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/leftycomb/kaimin-navi.club/public_html/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
不眠症とは?あなたの不眠症はどのタイプ?

快眠ナビ

睡眠で悩むラムの眠活ブログ

不眠症について

不眠症とは?不眠症の定義と4つの不眠タイプ

更新日:

「最近ずっと、夜になっても眠れない・・・不眠症かな?」
「昔から、深夜になっても眠くならないので困ってる」
「不眠症って病気?そもそも不眠症の定義って?」

そんなふうに、不眠のことで悩んでる人はいないだろうか?

というか、これは私のことだ。修学旅行でも、クラスで一番寝るのが遅かった・・・。

そこで、今回は以下ことを説明しながら、不眠症について調べたことを書いてみようと思う。

  • もくじ
  • ・そもそも、不眠症ってなに?
  • ・不眠症の4つのタイプ
  • ・不眠症になるとどんな問題があるのか?

興味がある人は、どうぞお付き合い願いたい。

そもそも、不眠症ってなに?

ひごろ、なかなか寝付けないような日が続くと「不眠症かな?」と疑ったりする。しかし「不眠の症状=不眠症」というわけではない。

まず、そもそも不眠症とは8つある睡眠障害のうちのひとつで、他の睡眠障害の疑いがないとき始めて不眠症が疑われる。

8つの睡眠障害を表にまとめてみよう。

不眠症 精神生理性不眠症(原発性不眠症)
精神・身体疾患によるもの(うつ病など)
アルコール・物質性
睡眠衛生不良
過眠症 ナルコレプシー
特発性過眠症
周期性傾眠症
睡眠時随伴症 レム睡眠行動障害
夢中遊行
悪夢
睡眠関連呼吸障害 睡眠時無呼吸症候群
睡眠関連運動障害 むずむず脚症候群
周期性四肢運動障害
こむらがえり
睡眠関連運動障害
概日リズム睡眠障害 睡眠相後退型
睡眠相前進型
フリーラン型
未分類の睡眠徴候 睡眠時ミオクローヌス
長・短時間睡眠
その他の睡眠障害 致死性家族性不眠症

表:睡眠障害国際分類第二版より

では「不眠症」とはどういう病気なのか?

厚生労働省の「e-ヘルスネット」には次のように書かれている。

不眠症とは、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害などの睡眠問題が1ヶ月以上続き、日中に倦怠感・意欲低下・集中力低下・食欲低下などの不調が出現する病気です。

独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神生理部長 三島和夫氏

つまり、以下の2つの症状がないと、不眠症とは診断されないということだ。

  • ・長期間(1ヶ月以上)にわたり夜間の不眠が続く
  • ・日中に精神や身体の不調を自覚して生活の質が低下する

先進国の調査では、不眠の症状を持っている人が30~40%いるそうだ。また、成人のうち治療が必要な「不眠症」と診断されるのは10%ぐらいと言われている。

つまり、不眠をうったえている人のうち不眠症なのは、だいたい4人に1人ということになる。

不眠症の4つのタイプ

ひとくちに「不眠症」と言っても、じつは大別すると以下の4つのタイプにわけられる。

入眠障害(寝つきが悪い)
寝床に入って眠ろうとしても、なかなか寝られない状態。若い人に多い。
中途覚醒(夜中に目が覚める)
眠りが浅く、途中で何回も目が覚める。中高年に多い。
早朝覚醒(早朝に目が覚める)
朝早く目が覚めて、そのまま眠れなくなる。高齢者に多い。
熟睡障害(満足感がない)
目が覚めたとき、グッスリ眠れて休養できたという満足感がない。

不眠症では「入眠障害」と「中途覚醒」が多い。

では、入眠障害の「なかなか寝られない」とはどれぐらいの時間を指すのだろうか?

何の問題もない人では、寝床に入ってから30分もしないうちに眠れるそうだ。30分~1時間以上たっても寝られないなら「寝つきが悪い」と言えるだろう。

不眠症になるとどんな問題があるのか?

不眠症からくるトラブルと言えば、すぐに「体の不調」が頭に浮かんでくる。

不眠症からくる体の不調について厚労省の「e-ヘルスネット」では「倦怠感・意欲低下・集中力低下・食欲低下」が挙げられているが、他にも以下のような不調があらわれることもある。

  • 不眠から来る体の不調
  • ・疲労感
  • ・注意力、記憶力の低下
  • ・社会生活上、職業生活上の支障
  • ・学力低下
  • ・気分障害、イライラする
  • ・日中の眠気
  • ・職場や運転中に過失や事故を起こしやすい
  • ・緊張、頭痛、胃腸症状
  • ・睡眠について心配したり悩んだりする

ニュースになるような大事故の背景に「睡眠不足」が指摘されることはよくある。

さらに、不眠で余命が短くなるという調査結果があり、以下の病気のリスクが上がるということも大量のデータをもとにした根拠があるそうだ。

  • 不眠が続くと発病リスクが上がる病気
  • ・糖尿病
  • ・脳卒中
  • ・心筋梗塞
  • ・ガン
  • ・うつ病

不眠を軽く考えて放置してはいけないのだ。

まとめ

不眠症は8つある睡眠障害のひとつで、さらに「入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟睡障害」の4つのタイプに大別できる。

不眠からくるトラブルは体の不調だけでなく、重大な病気のリスクが上がることにつながる。過失や事故への影響も見逃せない。

不眠のことを悩むとさらに寝つきが悪くなる悪循環におちいるが、楽観し過ぎて放置しないように注意したいところだ。

-不眠症について

Copyright© 快眠ナビ , 2020 All Rights Reserved.